プログラム概要

WORDBEATプログラム概要

ワードビート 自然な英語を学ぼう

新しい言語を学ぶのは簡単ではありませんし、完全に成功することもありません。 ある言語を母国語とする人は、5歳になる前にすでに何千時間も第一言語を聞いています。 第二言語の学生は、週に一度のクラスでそれだけの時間を過ごす前に、老年期を迎えることになります。
子供は言語学習の自然なマスターです。 子供は文法を分析することから始めるのではありません。 彼または彼女は、聴覚を通して直接音とパターンを吸収しています。 子供は、その音を状況や視覚的な経験に関連付けることで、言語のための敏感な耳を開発します。
本で第二言語を教えられた生徒は、通常、ネイティブスピーカーの音やペースに対応する準備ができていません。 そのためには、自然な音声を聞き取り、発音するための実践的なスキルが必要となります。 これらのスキルは、通常、教室では最後に習得するスキルですが、生活の中で自然に身につく最初のスキルです。 これらのスキルがあれば、ライティングや文法の授業もより有意義なものになるでしょう。
しかし、ネイティブが自然に身につけている反復的な経験がなければ、どのようにして実用的なスキルを身につけることができるのでしょうか? 限られた授業時間の中で必要な反復を集中的に行うことは退屈であり、学習の妨げになります。 反復的なドリルをレッスンの中で最も楽しく効果的な部分に変え、生徒の注意を引きつけ、記憶力を高める方法はあるのでしょうか? それは何千年もの間、効果があったのです。
リズムと韻を踏んだ言葉、つまり言葉の「音楽」は、古代の語り部によって、文化の壮大な伝説や物語を記憶するために常に使用されてきました。 それらは、文字が発明される前から記憶の中に保存され、時代を超えて伝えられてきました。
リズムは芸術や生活の基本的な特徴であり、私たちは誰もが関係しているものです。 リズミックパーカッションはまさに繰り返しの芸術であるため、私たちのメソッドではそれを利用して繰り返しを楽しくし、英語の自然なパターンを耳と記憶の奥深くまで追い込んでいきます。 リズムの整理は、レッスンの効果を集中させます。
リズムを言語で使うには二つの方法があります。 一つは、ソングライターがよくやるように、既存の音楽に言葉を乗せること。 もう一つは、自然な話し方のパターンの中にすでに含まれているリズムを特定して引き出すことです。 英単語には自然なストレスアクセントがあるので、日常的なフレーズの単語の組み合わせには、それなりのリズムがあります。 このように、リズムは抽象的なテンプレートのようにフレーズに適用されるのではなく、語学の授業でもそうであるように、学習されるフレーズのリズムそのものなのです。
話し手の言語使用の自然さは、その言語のリズムに対する感覚に大きく依存しています。 このことは言語の授業では見落とされがちです。 私たちは、日常の実践的な文章の中からそれらのリズムを引き出して、特別な注意と練習をします。 授業の中で、徐々にパーカッションを使わない自然な話し方に戻していきます。 生徒の中に残るのは、これらのリズムに対する自然な感覚であり、言語そのものの魂なのです。

2020年8月10日
David Arzouman

Word-Beat Learn Natural English!

Learning a new language is rarely easy or completely successful. The native speaker of a language has already heard thousands of hours of their first language before the age of five. The student of a second language could reach old age before getting that much exposure from a weekly class.
Children are the natural masters of language learning. The child does not begin by analyzing grammar. He or she is absorbing the sounds and patterns directly through hearing. The child develops a sensitive ear for the language, associating those sounds to situations and visual experience.
Students taught a second language through books are usually not prepared for the sounds and pace of native speakers. For that, practical skills in hearing and articulating natural speech are needed. They are usually the last skills mastered in classrooms, but the first skills learned naturally in life. With those skills, lessons in writing and grammar will be more meaningful for the student.
But how can a student gain those practical skills without the advantage of all the repetitive experience a native naturally receives? Trying to concentrate the needed repetition into limited class time can be boring and learning suffers. Is there a way to turn repetitive drills into the most enjoyable and effective part of a lesson, one that engages the student’s attention and supercharges memory? Yes, there is, and it has worked for thousands of years!
Language ordered into rhythm and rhyme—the “music” of words—has always been used by ancient storytellers to remember the epic legends and narratives of a culture. They were preserved in memory, before the invention of writing, and transmitted through the ages.
Rhythm is a fundamental feature of art and life, one we all relate to. Since rhythmic percussion is the very art of repetition, our method uses it to make repetition enjoyable and to drive the natural patterns of English deep into ear and memory. The organization of rhythm concentrates the effectiveness of lessons.
There are two ways to use rhythm with language. The first is to put words to pre-existing music, as songwriters often do. The other is to identify and draw out the rhythms already contained within the patterns of natural speech. Since English words have natural stress accents, the word combinations of everyday phrases will have their own rhythms. In this way, rhythms are not applied to phrases like abstract templates; they are the very rhythms of the phrases being learned, as it should be in a language class.
The naturalness of a speaker’s use of language is very dependent on their feeling for the rhythm of the language. This is often overlooked in language classes. We pull those rhythms out of everyday practical sentences for special attention and practice. Over the course of a lesson, we gradually work our way back to natural speech, without percussion. What remains in the student is a natural feeling for these rhythms, and for the soul of the language itself.


David Arzouman
August 10, 2020